トップページ » 池田貴将 書籍一覧 » 覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰(池田貴将 新刊)

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰

幕末を熱く駆け抜けた天才思想家・吉田松陰。
彼が残した176の言葉を超訳収録。

不安と生きるか
理想に死ぬか

外国の文明を学ぼうと、死罪を覚悟で黒船に乗り込もうとし、幽閉の処分となると、小さな塾を開いて、高杉晋作や伊藤博文など、後の大臣や大学創設者になる面々を育てた。

誰よりも遠くを見据えながら、幕末を熱く駆け抜けた天才思想家・吉田松陰。

彼の「心」「志」「士」「友」「知」「死」日本史上、最も熱くてリアルな人生哲学が世代を超えて心に響く、強くてやさしい言葉でよみがえる。

【池田貴将からのメッセージ】
本書のテーマは「軸」と「志」です。
軸・志とは、自分の内面と向き合い、自分の本質と向きあうことによってのみ、確立していくことができると考えています。「吉田松陰」の珠玉の言葉の数々が、読者の方々の心に触れることで、自分の軸と志を共に考えるきっかけとなることを願ってこの本を世に送り出します。


購入はこちらから